【祝!ブログ1万PV】1万PVを達成するためにブログで意識した”3つのこと”を実際の生データを元に徹底解説!

スポンサーリンク

こんにちは、WEBマーケッター山田祐輔です。

今回は、このブログが月間1万PVを達成したので、僕が1万PVを達成するために行った方法を実際のデータと照らし合わせながら、徹底的に解説していきまっす!

一応、Googleアナリティクスの数字を公開します!

スクリーンショット 2016-09-01 0.24.53

※2016年8月1日〜8月31日までのデータになります。

 

今回の記事は特に、

・月間3000〜8000PVぐらいで伸び悩んでいる方

・サイトのPVが最近落ちてきたので改善したい

という方に参考になると思いますので、ぜひ参考にしてみてください!!

 

はじめに

今回の検証に入る前に、このブログについてお話しておきます。

・サイトの運営歴:2015年10月〜(yamadayusuke.comドメイン取得)

以下、SEOチェキでドメインの取得した年月を確認しました。

スクリーンショット 2016-08-31 22.34.29

→2015年の10月からブログの記事更新を始めるも、2016年3月に投稿していた記事の8割以上をブログの方向性の違いから削除して、2016年3月から再スタートしました!この記事を書いている今現在は2016年の8月なので、約半年でようやく月間1万PVを達成することができました!

・サイトの記事数:66記事

スクリーンショット 2016-08-31 9.27.47

→1万PVを達成した際のブログの記事数は66記事です。が、実は先ほどもお伝えしましたが、2016年3月に8割の記事を削除しました。また、後にも詳しく書くのですが、書いた記事も定期的に削除しているので、150記事ぐらいはこのブログだけでも書いてまっす!

上記の基本データを参考に、これから検証に入っていきます!

1万PVを達成するために意識した3つのこと

1、アクセスのない記事をリライトor削除する

まず着手したのは、アクセスのない記事のリライトあるいは削除しました。

実際75記事ぐらいあった記事を8月に入って15記事ほど削除、5記事ほどリライトして構成を見直したんです。

なぜ、アクセスがない記事を削除orリライトするのかというと、

アクセスが集まっていない記事=価値を生んでいない

→結果、サイト全体の評価が下がってしまう。

上記の理由からです。

実際にGoogleも以下のように公の場で公言しています。

私たちが提供してきた指導のもう一つの特定の部分は、いくつかの上で、低品質なコンテンツですウェブサイトの一部は、最終的にあなたのhigher-のランキングを助けることができる、低品質のページを削除マージ以上の有用なページに個々の浅いページのコンテンツを改善する、または別のドメインに低品質のページを移動するサイト全体のランキングに影響を与え、ひいてはすることができます品質のコンテンツ。

引用元:Googleウェブマスター向けガイドライン

少しグーグルの日本語翻訳が変になってますが、要約すると、

低品質なコンテンツは削除するか有益なコンテンツに改善してね!

とGoogle自身が公言しています。

そしたら、サイトの評価をあげるよって。

ですので、

とにかく毎日記事を書きまくって、100記事越えたらSEOの評価が上がって・・

という都市伝説はさっさと忘れて、1記事1記事に魂を込めてじっくり書いていきましょう!笑

 

2、記事に関連性のあるURL(自分のブログのURL)を貼る

これは結構ブロガーさんの記事を見ていてもよく見かけますが、個人的にも非常に有効な手法だと思います。

具体的には以下のような感じでページ内にURLを貼っていきます。

スクリーンショット 2016-08-31 23.12.01

※これは画像です!

スクリーンショット 2016-08-31 23.32.43

※これは画像です!

上記のような感じで、記事内で関連性の高い自分のブログ記事のリンクを貼って、より詳細な説明を知りたい場合はページ先でより詳しい記事を参照してもらいます!

このようにすることで、

・あなたのサイトの滞在時間が上がる

・ユーザー(読者)の理解度が上がる

 

上記のような効果が得られ、Googleの評価も高まります。

ただ、ここでの注意点は、「あくまでちゃんと関連する内容であること」が最低条件です。

関係のないページに誘導しても、関連性がなくすぐに別のサイトに離脱してしまいます。。

 

関連性があり、かつよりユーザーの満足度を引き上げるページのURLを貼って、記事の価値を高めていきましょう!

 

3、とにかくアイキャッチ画像にこだわる

最後に、アイキャッチ画像にこだわることをオススメします。というのも、記事の内容はめちゃくちゃ良いのに、アイキャッチ画像が画像をそのまま使用していたり、明らかにアイキャッチ画像に力を入れてないな、と思うことが結構あります。

これって個人的にはかなりもったいない事だと考えています。

ちなみに僕はこんなアイキャッチ画像にしています!

googolehisu.001 wordpress sakuzyo.001

youtubekoukokukesu.001この記事を書いている2016年9月現在で個人的に気に入っているアイキャッチ画像を並べてみました!

そう、アイキャッチ画像は僕にとって作品の一つなんです!笑

冗談はこの辺にして話を戻しますが、アイキャッチ画像には以下の3つの重要な要素がありまっす!

・ブログのヘッダー画像の役割

→まず、記事を読み始める前にアイキャッチ画像でしっかり読者の目を引いて、下の記事を読んでもらいます。

・SNSでシェアされた際のサムネイル画像の役割

→FacebookやTwitterでシェアしたり、シェアされた際にサムネイル画像(CDのジャケットみたいなイメージ)として、かなり重要な役割を果たします。※SNSは画像が命ですからね。。

・関連記事やオススメ記事への誘導率アップ

→個人的には実はここをかなり意識しています!記事を読んで、下に表示される関連記事をとにかくクリックしてもらう。

ここを意識することでGoogleアナリティクスで見た時の「ページ/セッション」ここの数字に大きく影響します。

これは僕のGoogleアナリティクスデータです。(とある1日のデータ)

スクリーンショット 2016-08-31 23.49.29

だいたい、ユーザー1人に対し、3.3回ページが見られていることになりまっす!

ネット上でいろんなブロガーさんのアナリティクス画面を見る機会がありますが、大体1.3〜2ぐらいの数値になっているので、僕のブログはほんの少しだけセッション数を多くすることができています。

でも、ここがかなりPVを伸ばす上で重要なんです!!キリッ

 

例を挙げると、例えば3000人のユーザーがあなたのブログに訪れたとします。

そして、セッション数が3500だったとします。

 

Aのブログはページ/セッション数が1.5です。

そして、Bのブログのページ/セッションが3だったとします。

同じユーザー数でも上記を計算した場合、

A:5,250PV

B:10500PV

となります。

PVで換算すると、実に2倍もの差がセッション数によって生まれてしまうんですね。

ここが分かりにくい方はこちらの記事を参照してください!

→ 【Googleアナリティクス講座】Googleアナリティクスでデータを抑えておくべき項目10選【サイト・ブログ分析はこれだけ見ておけばOK!】

これってめちゃくちゃデカイですよね。だから大事なんです、アイキャッチ画像。

僕が作成しているようなアイキャッチ画像を作成する方法はこちら

→ アイキャッチ画像をキーノートで簡単に作成する方法

 

アイキャッチ画像をいい感じにして、サイトの回遊率を上げていきましょう!!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まあ、色々偉そうに書いてきましたが、一番1万PVを達成するために意識したのはズバリ、「ブログに向き合った時間」です。

今ある僕の知識やスキルでもっと読者の方に喜んでもらえる情報はないか考えたり、もっと記事をわかりやすくできないかとかめちゃくちゃ今月は考えました。それはもう、今までにないぐらいに。まあ、今までは半ばノリで書いていたので。笑

ただ結局、いい記事を書かなければいけないって思うと人間誰だって書けなくなるので、いい意味で楽しみながら力を抜いて、いかに読者さんに理解してもらうか、満足してもらえるかをだけを考えて書くのが究極のSEOなのかな、なんて思ってます。

まあ、あくまで1万PVもただの目安でしかないですし、もっともっと価値を感じてもらえるような記事が書けるよう、これからも精進していきまっす!

楽しみにしておいてくだされ!!!!

 

さらばじゃ!

スポンサーリンク

参考になりましたら応援ボタンをポチッとお願いします!

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    IT企業でセミナーやメディア運営を行いながら個人でもWEBデザインやネットビジネス、映像など色んなことを勉強中!(特に海外のマーケティング情報が大好物)このブログでは主に学んだことを中心に、個人や小規模ビジネスを対象にしたオウンドメディアやコンテンツマーケティングに関する情報を中心に書いています!