【2017年版】自分のYouTubeチャンネルタグ(チャンネルID)を調べる方法

スポンサーリンク

こんにちは、WEBマーケッター山田祐輔です。

今回は「自分のチャンネルタグを調べる方法」についてお話します。

はじめに

まず、「チャンネルタグってなに?」と思っているかもしれないので、簡単にご説明します。

チャンネルタグとは、『あなたのチャンネルにYouTube側で割り振られた住所』というイメージです、(うーん、なんか例えが微妙なような・・笑)

簡単に言うと、チャンネルの目印みたいなもんです。

このタグの情報でYouTubeにあなたのチャンネルだと判別されてる感じですね。

ちなみに、チャンネルIDの使用用途として必要な場面は以下の通りです。

1、自身のチャンネル登録誘導

2、タグ情報に自身のチャンネルタグを入れる

上記のような場面で主にチャンネルIDを使用します。

では、これから「自分のチャンネルタグ(チャンネルID)を調べる方法」について解説していきまっす!

自分のチャンネルタグを調べる方法

まず、YouTubeのトップページを開きます。

そして、いつものようにGoogleアカウント(YouTubeアカウント)にログインします。

次にクリエイターツールの隣の「設定」クリックします。

次に、下記のようにアカウント情報の上の方にある「詳細設定」を選択します。

すると、下記のようなページになります。

画像のようにこの項目の中の「YouTubeチャンネルID」の項目があなたのチャンネルIDとなります。

YouTubeユーザーIDと間違いやすいので注意!

最後に

チャンネルIDの使用用途をもう一度、解説します。

1、自身のチャンネル登録誘導

2、タグ情報に自身のチャンネルタグを入れる

1、「自身のチャンネル登録誘導」ですが、下記のようなリンクを説明欄に記載することで、自分のチャンネル登録を促す(誘導する)ことができます!

https://www.youtube.com/channel/ご自身のチャンネルタグ

こちらの場合は、「チャンネルのトップページ」に飛びます。

https://www.youtube.com/subscription_center?add_user=ご自身チャンネルタグ

こちらの場合は、「チャンネル登録を促すポップアップ」が出てきます。

下記は人気ユーチューバー「Hikakin(ヒカキン)」さんの事例です。(動画説明文)

上記のリンクをクリックすると、こちらのように「チャンネル登録を促すポップアップ」が出てきました。

基本的には、後者のパターンを使うユーチューバーが多いですが、ご自身の使用用途によって使い分けてください!

補足

また、アノテーションといって、YouTubeの視聴画面からチャンネル登録画面に誘導することもできます。

→ アノテーションの設定方法

次に、2の「タグ情報に自身のチャンネルタグを入れる」場合ですが、動画をアップロードする際に、自身のチャンネルのタグに入れることで一般的に「自身の動画の関連動画に出稿」しやすくなると言われています。

先ほどと同じように人気ユーチューバー「Hikakin(ヒカキン)」さんの動画を参考にします。

このように「自分の動画に自分に関係するタグ」を入れることで、視聴者(ユーザー)が自分の別の動画を視聴した場合でも、視聴者(ユーザー)の関連動画に出稿されやすくなると言われています。

アップロード時のデフォルト設定で予め設定しておくと後から入力する手間が省けて非常に楽です。

→ アップロード時のデフォルト設定はこちら

こちらも簡単に設定できますので、ぜひ忘れず設定しておいてくださいね!

参考になりましたらぜひ、いいね!シェアお願いします!

スポンサーリンク

参考になりましたら応援ボタンをポチッとお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT企業でセミナーやメディア運営を行いながら個人でもWEBデザインやネットビジネス、映像など色んなことを勉強中!(特に海外のマーケティング情報が大好物)このブログでは主に学んだことを中心に、個人や小規模ビジネスを対象にしたオウンドメディアやコンテンツマーケティングに関する情報を中心に書いています!