【Googleアナリティクス講座】アクセスを正しく測定するために自分のアクセス( IPアドレス)を除外する方法

スポンサーリンク

こんにちは、WEBマーケッター山田祐輔です。

今回は、自分のアクセスをGoogleアナリティクスに反映しないさせないための設定方法について解説していきまっす!

 

自分のアクセス( IPアドレス)を除外する方法

 

まず、Googleアナリティクスを検索します。

スクリーンショット 2016-06-12 15.49.36

 

次に、設定したいGoogleアカウントにログインします。

スクリーンショット 2016-06-06 6.59.45

 

ログインが完了したら、右側にある「フィルタ」を選択しまっす。

 

スクリーンショット 2016-06-12 15.52.34

 

フィルタを選択したら、次に「フィルタを追加」を選択します。

 

スクリーンショット 2016-06-12 15.54.03

 

では、これから自分のIPアドレスからのアクセスをカウントさせない設定を行っていきます。

スクリーンショット 2016-06-12 15.36.54

下記のように設定を行ってください!

スクリーンショット 2016-06-12 16.03.20

 

設定が完了すると、下記のように画面上に表示されます。

スクリーンショット 2016-06-12 16.03.52

 

表記を確認したら、設定は完了でっす!!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、自分のアクセス(IPアドレス)を除外する方法について解説しました!

ちなみに今回の方法は、社内で複数人が同じWEBサイトを使用している場合や、クライアントのWEBサイトを管理する場合も使えます。

また、以前書いたスパムアクセスを除外する際も同じ方法で設定できまっす!

→ スパムアクセスを除外する方法

 

ではでは!

 

スポンサーリンク

参考になりましたら応援ボタンをポチッとお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT企業でセミナーやメディア運営を行いながら個人でもWEBデザインやネットビジネス、映像など色んなことを勉強中!(特に海外のマーケティング情報が大好物)このブログでは主に学んだことを中心に、個人や小規模ビジネスを対象にしたオウンドメディアやコンテンツマーケティングに関する情報を中心に書いています!