効果的なYouTube再生リストの作り方【自分専用の再生リストを活用して他人の動画からアクセスを奪い取れ】

スポンサーリンク

こんにちは、WEBマーケッター山田祐輔です。

今回は、「再生リストの作り方」についてお話します。

はじめに

まずは、再生リストって何だよ??って思っているかもしれないので、簡単に説明しますね!

YouTubeの公式ページによると、

再生リストを作成する再生リストとは、動画を集めたものです。誰でも再生リストを作成して共有することができます。ジムでのトレーニング動画やお気に入りのサッカー ゴールシーンをまとめたり、料理の動画を親友と共有したりするなど、お好きな方法で再生リストを活用できます。

一言で言うなら、『プレイリスト』みたいなもんです。

YouTube上でプレイリストを作成するというイメージでしょうか。

ちなみに、自身では動画を作成するつもりは一切なく、単純にYouTubeのプレイリストが作りたいぜ!という場合は、スマホのアプリをご利用ください!!

スマホで簡単にYouTubeのプレイリストを作成する方法

また、YouTubeの再生リストについては、おそらく見た方が早いと思います。ちなみにこんな感じです。

再生リスト1

今回見本としてお見せしてるのは、『二十歳が選ぶおしゃれでドライブにピッタリな洋楽まとめ』という再生リストでっす!

ちなみに、下記のようにきちんと画面右側の『関連動画』にも表示されます。

再生リスト2

こんな感じで再生リストを作る事が可能です。

また、この『再生リスト』には、

・自分の動画

・他人の動画

どちらも入れる事ができます。

 

要は、完全自分オリジナルの再生リストを簡単に作る事が出来るんですね!!

では、これから再生リストの作り方を解説していきます。

 

再生リストの作り方

まずは、YouTubeのトップページからログインします。

スクリーンショット 2016-01-25 23.01.20

次に、クリエイターツールをクリックします。

スクリーンショット 2016-01-26 14.34.50

すると、下記のような画面になりますので、そこから「チャンネルを表示」を選択。

スクリーンショット 2016-01-26 15.21.27

そこから、「再生リスト」を選択します。

スクリーンショット 2016-01-26 15.21.49

すると、こんな画面になりますので、「再生リスト」のタイトルを入力します。

スクリーンショット 2016-01-26 15.26.36

次に、再生リスト作成画面になります。

まずは、「再生リストの設定」を選択します。

スクリーンショット 2016-01-26 15.32.27

そこから「再生リストの設定」を行っていきます。

まず、基本的にトップ画面はイジる必要はありません。

 

次に、「自動的に追加」こちらを選択します。

スクリーンショット 2016-01-26 15.40.57

すると、こんな画面になります。

今回も特に設定しなくてもいいですが、設定しておいた方が便利なので、お伝えしておきます。

まずは、「ルールを追加」を選択します。

スクリーンショット 2016-01-26 15.41.37

すると、下記の画面になりますので、ここにキーワードを入力します。

スクリーンショット 2016-01-26 15.43.56

こうすることで、キーワードが入っている場合は、自動的に再生リストに追加されていきます。

これは便利な機能なので、ぜひ再生リストを作った際は設定しておきましょう!!

そして、設定が終わったら「保存」を押し、設定を完了します。

完了したら、また「再生リスト」のトップページに戻ります。

スクリーンショット 2016-01-26 15.32.27

そして、次は「動画を追加」を選択します。

スクリーンショット 2016-01-26 15.58.38

図のように使用用途に応じて、再生リスト内に動画を追加していきます。

①動画検索→YouTube内を検索するための『キーワード』を入力。

②URL→動画が特定している場合は、その動画の『URL(動画リンク)』を入力。

③あなたのYouTube動画→自分の動画を入れていきたい場合はこちらを選択。

(一覧で自分のチャンネルの動画がズラッと出てきます)

追加が終わったら、動画が下記のように並びます。

また、動画の並び順を変更したい場合は、「その他」から順番を並び替える事も可能です。

スクリーンショット 2016-01-26 16.04.26

動画を追加できたら、これで再生リストの作成は終了です。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

 この再生リストは動画数が増えてきたら必ず設定しておいてください。

なぜなら、

・検索結果にも出る

・関連動画にも載る

・他人の動画を並べることもできる

・何個でも作成することができる

上記の理由からです。

 

また、関連性のある他人の動画を再生リストに並べることで、その他人の動画との関連性が上がって、より関連動画に出向されやすくなると言われています。(あくまで個人的な意見です)

要は、同じ再生リストに入っている→関連度が高いってな感じです。(少し虫が良すぎますけどね・・)

 

最後に個人的なおすすめな再生リストの使い方をシェアしまっす!

 

効果的な再生リストの設定方法

・チャンネル立ち上げ初期(動画数が100以下、チャンネル登録が100以下の場合)

→自分の動画:他人の動画の割合にする

※他人の動画の力を利用して、自分の動画の再生数を伸ばすイメージです。

 

・チャンネル成長期(チャンネル登録1000以上)

→自分の動画:他人の動画の割合にする

※ある程度、チャンネルが育ってきているので、自分の動画の割合を多くする。

 

こんな感じでチャンネルがまだ育ってきていない時は、他人の動画の力を再生リストで借りて再生数を伸ばしていく、という方法がおすすめでっす!

(ちなみに、もっと他人の動画の割合を増やすこともできますがなんか他人の動画ばっかりの中に自分の動画をしれっと並べていたら見た目的にも不自然でしょ・・YouTubeから見てという意味っす)

 

個人的にはYouTubeで自分のチャンネルの再生数を伸ばしたい!って思うのであれば、自分の動画が基本的には半分以上入っている方がベターだと思います。

自分の作っていない(説明していない)動画を他人の動画でカバーしてもらっているという印象をYouTubeにも視聴者さんにも持ってもらう、というイメージっす。

(ここはそんなに気にしないでください!)

ちなみに再生リストは何個でも作成できるので、ジャンルごとに作成してまとめてあげると視聴者の方も喜んでもらえますし、いいかなと思います。

 

例:芸能ニュースの場合

・ジャニーズ

・グラビア

・ももクロ

・AKB

みたいな感じで再生リストも特化した方がいいですね!

ぜひご自身で視聴者さんが見たくなるような再生リストを考えて作ってみてくださいね!

 

参考になりましたらぜひ、いいね!&シェアお願いします!!

 

《PR》

YouTubeで月10万稼ぐビジネスモデルを一緒に構築する「YouTube Creator CLUB(ユーチューブクリエイタークラブ)」

スポンサーリンク

参考になりましたら、「ツイート」や「シェア」お願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT企業でメディア運営を行いながら個人でもWEBデザインやネットビジネス、映像など色んなことを勉強中!(特に海外のマーケティング情報が大好物)このブログでは主に学んだことを中心に、個人や小規模ビジネスを対象にしたコンテンツマーケティングに関する情報を中心に書いています!