【2017年版】広告単価を1.5倍(当社比)引き上げるYouTube広告ブレークの設定方法

スポンサーリンク

こんにちは、WEBマーケッター山田祐輔です。

今回は、「広告ブレークの設定方法」についてお話します。

はじめに

まず、広告ブレークってなんだよ!という方もいらっしゃると思いますので、先に解説します。

広告ブレークとは、動画に広告を増やす施策の事を言います。

これは実際に見た方が早いので、下記の写真をご覧ください。

スクリーンショット 2016-01-29 15.19.56

こんな動画をおそらくあなた見た事があると思います。

これはガキ使の違法アップロードの動画なのですが、

画面下の黄色の部分を見て分かるように広告をたくさん張っています。

通常であれば始まりの1回だけしか広告は流れませんが、

この「広告ブレーク」という設定をすれば何回も広告を表示する事ができます。

(まあ、写真も動画はやりすぎですが・・)

仮に通常の1回の再生でも広告が3回表示されれば収益は3倍になりますよね?

ということで、この広告ブレークは上手く活用していきましょう!

広告ブレークの設定方法

まずは、YouTubeのトップ画面からログインします。

スクリーンショット 2016-01-25 23.01.20

次に、クリエイターツールを選択します。

スクリーンショット 2016-01-26 14.34.50

そこから、広告ブレークを設定したい動画を選択します。

スクリーンショット 2016-01-29 1.19.41

動画が決まったら、動画を再生します。

すると、下記の画面になりますので、左端の鉛筆マークの「情報と設定」を選択。

スクリーンショット 2016-01-29 1.12.57

すると、色々と設定を変更できる画面になります。

ここから下記のように「収益の受け取り」を選択します。

スクリーンショット 2016-01-29 1.13.40

すると、収益の有効化の画面の下の方に、

「広告ブレーク」の項目がありますので、ここから広告ブレークを設定していきます。

スクリーンショット 2016-01-29 15.39.03

では、早速広告を挿入していきます。

はじめに「3:50」に広告を設定します。

3:50にカーソルを合わせます。

(ドラッグしたまま横に動きます)

スクリーンショット 2016-01-29 15.40.04

「3:50」にカーソルを合わせたら、「広告を挿入」をクリックします。

すると、下記の画像のように黒の「3:50」の表示が出現します。

次に、青の「3:50」の上で、ダブルクリックします。

スクリーンショット 2016-01-29 15.41.34

すると、先ほど黒かった部分が、薄く半透明な黒に変化しました。

これで、「3:50」に広告を設定することができました。

スクリーンショット 2016-01-29 15.42.55

次に、「10:09」に設定していきます。

同じく「10:09」にカーソルを合わせます。

スクリーンショット 2016-01-29 15.44.45

また、先ほどと同じく「広告を挿入」をクリック。

次に青の「10:09」の表示の上でダブルクリックします。

スクリーンショット 2016-01-29 15.45.50

同じように広告を下記のように設定して、

最後に「変更を保存」を選択すれば設定は完了です。

スクリーンショット 2016-01-29 15.49.18

これで「広告ブレーク」の設定は以上になります。

最後に

この広告ブレークの設定は非常に繊細です。

例えば、いい場面で急に広告が入ったらあなたも正直、イラッとすると思います。

(今回の例はあくまでわかりやすくするために回数を多くしました)

ですので、タイミングが非常に大事なので、

しっかり秒数を確認して適切なタイミングで入れていくようにしましょう!

また、回数は「最初」「最後」と動画の長さにもよりますが、

多くても5回までの表示にされる事をオススメします。

動画の表示も大切ですが、視聴時間の方がはるかに重要なので、

広告で離脱される事だけは避けていきましょう。

今回は以上になります。

参考になりましたらぜひ、いいね!シェアお願いします!!

スポンサーリンク

参考になりましたら応援ボタンをポチッとお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT企業でセミナーやメディア運営を行いながら個人でもWEBデザインやネットビジネス、映像など色んなことを勉強中!(特に海外のマーケティング情報が大好物)このブログでは主に学んだことを中心に、個人や小規模ビジネスを対象にしたオウンドメディアやコンテンツマーケティングに関する情報を中心に書いています!