【2017年版】YouTubeタイトル戦略!爆発的に再生数を伸ばすための欠かせない5つのポイント

スポンサーリンク

こんにちは、WEBマーケッター山田祐輔です。

今回は、YouTubeで再生されるタイトル戦略についてお話しします。

はじめに

何を伝えたいか

まず、YouTubeにおけるタイトルの役割について解説しまっす!

タイトルの5つの役割

・グーグル検索結果に大きな影響を与える(キーワード)

・関連動画の表示にも関係あり

・YouTube内で検索された時にも影響あり

・関連動画に表示された時に興味を持ってもらう

・YouTube内で検索された時に興味を持ってもらう

この5つが大きな役割を持っています。

つまり、YouTubeにおけるタイトル戦略は極めて重要です。

タイトルを極めることはYouTubeを極めることにもつながりますので、ぜひ頑張っていきましょう!

では、これからYouTubeのタイトル戦略についてお話しします。

YouTubeで爆発的に再生数を伸ばすためのタイトル戦略

アイキャッチ画像

1、キーワードは左端に持ってくる

これは有名な話ですね。例えば、「有吉」というキーワードでタイトルを考えていく場合、「有吉おもしろ発言集!基本的に下ネタしか言ってない件www」(これは即興で考えましたw)など、「有吉」というメインのキーワードを一番左端(始め)に持ってきました。

例として、マックスむらいさんの動画のタイトル引用させていただきます。

マックスむらい

見てもらったら分かるように、冒頭に【パズドラ】というキーワード、さらに「アンケートゴッドフェス」というキーワードも含めて、検索結果を意識されていることが簡単にわかります。

実際に、こうすることで、グーグルの検索結果にHITしやすくなり、再生数が伸びやすいと言われています。次に、

2、タイトル後半で興味を持たせる文章構成を考える

これは、意外にできていない方が多いです。例えば、先ほどの「有吉おもしろ発言集!基本的に下ネタしか言ってない件www」ですが、前半は、「有吉おもしろ発言集!」と検索キーワードを意識した内容になっています。

そして、後半部分は、「基本的に下ネタしか言ってない件www」と、下ネタ、○○な件、wwwと若者をターゲットに興味づけを行っています。今回は、有吉というテーマだったのでファン層が10代〜30代という部分を考え、こんな感じのタイトルにしました。

3、嘘はつかない。あくまで内容を広げるイメージ

よくある間違いがタイトルで煽りすぎて、嘘のないようになってしまっているタイトルを見かけます。が、これは逆効果です。

当たり前ですが、動画の視聴者さんは「人」です。嘘のタイトル、煽りまくったタイトルだった場合、再生されても、一瞬で再生を止められます。さらに、副産物として、バッド評価もつくかもしれません。。

ですので、あくまで話を膨らませるイメージで考えていきましょう。例えば、少し以前の話ですが、「清原、覚せい剤で捕まる」という内容だった場合、このまま「清原、覚せい剤で捕まる!?」なんてタイトルを設定しても全くつまらないですよね?

で、あれば「清原、覚せい剤で逮捕ってマジか!?世間の悲痛な声をまとめてみた」(ちょっとイマイチですが)みたいな、事実+興味づけ。ここをしっかり意識してタイトルを設定していきましょう。

4、【】なんかを使って、重要なキーワードを引き立たせる

これは僕も非常によく使う戦略です。今回も【2016年版】というキーワードを持ってきて、最新の情報というイメージを与えて、興味づけを行っています。

よく見るパターンだと、【まとめ】【都市伝説】【修羅場】など、ジャンルなどをわかりやすくタイトルで設定しているケースが多いですね。こうすることで、視聴者さんもどんな動画かが一発でわかりやすくなります。

5、視聴者さんの年代や興味に応じたタイトルを設定する

最後に書きましたが、実はこれが一番重要だと僕は思っています。今までの4項目はあくまでテクニックであり、本質ではありません。

YouTubeは、YouTubeアナリティクスというデータを見ることができます。で、その中に「ユーザー層」という項目がありますので、そこでチャンネルの視聴者さんの年代、性別などを細かく見ることができるんですね。

このデータをもとに、タイトルのイメージを考えていきます。例えば、50代の男性に対して、2で解説した

「有吉おもしろ発言集!基本的に下ネタしか言ってない件www」

なんて、タイトルを設定しても「???」ですよね。むしろ、嫌悪感を示されるかもしれません。

ですが、意外にここの概念がスポッと抜け落ちているタイトルを設定している動画を多く見かけます。これは、若者がおじさん向けの動画を作成していたり、おじさんが若者向けに作成している動画の場合に、特に多く当てはまります。

しかし、視聴者さんがいて、初めて自身の動画に価値がついていくので、あくまで

自分の考え<<<<<視聴者さんの興味

ここを徹底的に考え、タイトルを設定していきましょう!

【番外編】タイトルライティングを無料で学ぶ方法

YouTubeのタイトルの重要性についてはこれまでくどいぐらいお話してきました。

しかし、どうやって書けばいいんだ・・とまだ感じているかもしれません。

そこで無料で学べる方法をお話しします。

電車等の広告で学ぶ

まず、電車などの中吊り広告は非常に学びになるタイトルのオンパレードです。

例えば、男性向け週刊誌の広告。

週刊現代とかが有名ですね。実際にこんな感じでっす。

thumb4

気になるワードがてんこ盛りですね!笑

ここで、『タイトル』についてはもちろん、

・フォント

・サムネイル画像

についても学ぶことができまっす!

まとめ

アイキャッチ画像

いかがでしたでしょうか?

今回、伝えたかったことは多くの動画がテクニックに終始しています。が、テクニックやノウハウだけで再生される、評価される時代はとうに終わりました。

結局、動画の価値がなければ、今回のタイトル戦略もそれほど意味を成しません。

結局は、動画(コンテンツ)が良ければ、タイトルが多少悪くても再生されて、評価も高まります。(クオリティが高いではなく、視聴者さんにとって価値が高いかが重要)

視聴者さんにとって、価値の高いコンテンツを日々、作成していきつつ、今回のようなテクニックを加えて、より多くの方に価値を届けてもらいたいなと思います。

また、内容に不備があれば、随時修正や加筆を加えていきます♪

参考になりましたらぜひ、いいね!やシェアをお願いしますね!!

スポンサーリンク

参考になりましたら応援ボタンをポチッとお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

IT企業でセミナーやメディア運営を行いながら個人でもWEBデザインやネットビジネス、映像など色んなことを勉強中!(特に海外のマーケティング情報が大好物)このブログでは主に学んだことを中心に、個人や小規模ビジネスを対象にしたオウンドメディアやコンテンツマーケティングに関する情報を中心に書いています!